前回の投稿でもご案内しましたが、政府主導の新卒採用スケジュールに則ると、2021年度の【企業情報解禁日】は2020年3月1日となっております。

とは言え、採用スケジュールの形骸化が進んでおり、すでに出遅れを感じている採用担当者の方もいらっしゃるのではないでしょうか?

採用スケジュールのおさらい

ここで、2021年度の新卒採用スケジュールをおさらいしておきます。

2020年 2月まで 
採用ポータルサービスなどの主催による【合同企業説明会】
3月1日から
【企業広報解禁日】 多くの企業が採用者向けWEBサイトを公開。
会社説明会開催、エントリー開始
4~5月
多くの企業で選考から内々定出し
6月1日
【面接解禁日】本来なら、この日が選考開始となるが
実際は4月から選考は開始されている。
6月末まで
大手企業の多くが2021年度の新卒採用を終了
7月以降
中堅中小企業の募集・採用選考は継続
10月1日【内定解禁日】 
多くの会社で内定式
2021年 3月末まで
予定採用人数を採りきれない中堅中小企業の採用選考続く

2021年度採用においてこの2月で行わなければならないこと

この2月で重要なことは、広報解禁日に向けた準備はもちろんのこと2021年度の、自分たちなりの採用スケジュールをどうするかをしっかりと固めることだと考えています。

このように、タームに分け、それぞれのタームで目標設定を行います。
実際に採用選考が始まれば、タームごとに効果測定を行い、次のタームの目標を修正し、それに伴い広報内容も変更していきます。

この様に、実際に採用選考が始まる前に、しっかりとした道筋を立てておかないと
「エントリーが少ない…」
「内定辞退が多く、採用人数が足りない…」
このような状況に陥った場合の対応が後手後手となってしまいます。
どれだけ、採用情報の露出を増やしても、
うまくいかない理由が、この【スケジュールと目標設定そして効果測定】
をきっちりと考慮できていないということが多くあります。

フォーサイトクリエイションでは、このような採用戦略の立案のお手伝いも行っております。ぜひお問い合わせください。

お問い合わせはこちら

2022年度採用においてこの2月で行わなければならないこと

では、次に2022年度採用に向けて行うべきことについてお話ししたいと思います。
まず、政府主導の新卒採用スケジュールについてなのですが、2022年度も今年度と同じスケジュールとなっております。

このことや、2021年度が始まったばかりということもあり、「まだ何もする必要がないと」お思いの方もいらっしゃるかもしれません。
しかし、実際はすでに2022年度への準備は始める必要があると考えております。

新卒採用は、大学3年生の夏休みのインターンから始まっています。
多くの大手企業は、このインターン期間を利用し、多くの有能な学生の囲い込みを行っています。

「自分たちはインターンを行う余裕がない…」
「インターン生を募集しても集まらない…」

というような考えから、インターンを実施できない企業も多くあると思います。
しかし、逆にインターンを成功させることができれば、2022年度の新卒採用を有利に進めることができます。

ぜひ、この2月は2022年度のインターン実施に向けた準備を行っていただきたいと考えております。

もちろん、フォーサイトクリエイションでは、インターンシップの立案や広報のお手伝いも行っております。ぜひお問い合わせください。

お問い合わせはこちら