フォーサイトクリエイションです。

・リクルティングサービスや、自社の採用サイト制作や更新時にどうしてもコンテンツが決まらない。
・コンテンツが決まっていても内容がしっくりこない

など、よくお聞きします。

実は、これらはとても危険なシグナルなのです。

採用戦略の不確かさがもたらす危険な状態

なぜ、危険なのかそれはこの様な事態に陥る原因にあります。

原因1

マンネリ

長く、採用活動を行っていると、企業自体のデファクトスタンダードが確立し、効率的な運用を行っていきます。
しかし、そこに大きな落とし穴があります。

コンテンツについても、効率的な運用になってしまうのです。
先輩の声というようなよくあるコンテツを例に取ると。

当初は、

【来て欲しい人材を分析すると、弊社の技術を知りたがっているはずだだから、先輩の声では技術の話を中心にしたい。】

という目的で先輩の声を制作していたとします。

時が経ち、来て欲しい人材が知りたいことは待遇面という風に変化しました。

それでも

【この先輩の声コンテンツは、技術の話が必要だから】

と、手段が目的となってしまい、先輩の声のコンテンツが最大限に活用できなくなってしまうという事態に陥ります。

原因2

採用戦略が確立できていない。

採用戦略とは、

「企業の目標のために、どの様な人材が いつ どれだけ 必要なのかを決定し、その人材を確保するための戦略」

と定義できます。

採用戦略が確立できていれば、自ずと「どのようなコンテンツが必要か」は決められます。

採用戦略が確立できていると思っていても時々刻々と変化する、企業の状態や求職者の考えに対応していないと、それは無意味なものになってしまいます。

フォーサイトクリエイションでは、採用コンテンツの制作の際に、採用戦略全体を見通した上で制作を行っています。

もし、

・この採用コンテンツはなぜ必要なのだろう
・今、必要なコンテンツは何なのか…

などお悩みの方はぜひ、お問い合わせ下さい。

お問い合わせはこちら