本年(2019年)の年頭より始まったgoogleの求人情報アグリゲーションサービスであるgoogleしごと検索は、ご活用されていますか?

googleしごと検索とは?

Google しごと検索(Google for Jobs)とは、平たく言えば、求人に特化したGoogle検索です。【大阪市 求人】とgoogleで検索すると下記のような求人のみを集めた小窓が表示されます。

この様に、様々な求人情報をひとまとめに表示されます。

実は、このgoogleおしごと検索は、求人情報サイトの情報だけでなく企業が自社サイトで発信している求人情報も収集の対象になっています。

つまりgoogle検索から自社求人情報への直接の導線ができたということになります。

googleしごと検索はランニングコストがかからない

googleしごと検索への掲載は無料です。また期間も関係なくランニングコストもかかりません。

ただ、掲載するにはgoogleしごと検索というサービスに登録するのではなく、JobPostingという形式での構造化データのマークアップを行います。
これは、下記のような形式で求人情報を記述する必要があります。

ある程度の専門知識が必要な対応になります。
(フォーサイトクリエイションでは、この設定を自動化できる仕組みをご提供しております。ぜひお問合せ下さい。

次に、構造化マークアップされた求人情報をgoogleに送信する必要があります。
・xmlサイトマップによる送信
・IndexingAPIによる送信
の2つの方法があります。
(フォーサイトクリエイションでは、これらの仕組みの導入も行っております。ぜひお問合せ下さい。)

これらの準備を行えば、自社のサイトで求人情報を更新するだけで、自動的にgoogleしごと検索に掲載されるようになります。

何度も言いますが、掲載には初期費用もランニングコストもかかりません!

そもそも求人情報サイトへの掲載が必要だった理由

企業の求人を求人情報サイトへ掲載しなくてはならなかったのは、自社で求人情報を発信したとしてもなかなかその情報を見つけてもらえないからというのが理由の一つにありました。

しかし、現在は求人情報サイト自体が乱立し、一つの求人情報サイトの効果が低下してきています。
その現状を商機と見てgoogleはこのしごと検索というサービスを始めたのだと推察できます。
どういうことかというと、

「乱立する仕事情報をgoogleがまとめるのでそこから選んで下さい。わざわざ求人情報サイトに行かなくてもgoogle上で完結しますよ」←googleの情報価値が高まる。

ということでは無いでしょか?

今後は、googleを入り口として求職者が仕事を探す機会が増えることが予想されます。
これを機に、求人情報サービスを使用しない自社での求人情報発信を初めてはいかかでしょうか?

フォーサイトクリエイションでは、採用、求人に関するお悩みを解決する方法を提供しております。
相談は無料ですのでお気軽にお問い合わせ下さい。

お問い合わせはこちら